【肋間神経痛.com】〜原因・症状・治療〜



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link




胸の痛みを感じる、あばら辺りがズキズキする、呼吸をする度に痛みが出る、など胸の痛みに悩まされている方。それは肋間神経痛の症状かもしれません。では肋間神経痛とは一体どんな病気なのでしょう?

肋間神経痛とはその名の示す通り、肋骨の間に通っている神経が何かしらの原因によって刺激を受けて痛みが発生する病気です。あばら部分を圧迫したり、重たい物を持ち上げたり、くしゃみや咳などして胸に刺激を与えることで痛みを感じます。また、場合によっては単に呼吸をするだけで痛みを感じることもあります。

当サイトでは、この肋間神経痛について症状や原因、治療と対策など詳しく説明しています。突然の胸の痛みに悩まされている方は、肋間神経痛について詳しく知りましょう。


⇒ 肋骨と肋間神経について

⇒ 肋間神経痛の症状



ここでは肋間神経痛の主な原因についてご紹介していきます。

肋間神経痛の直接の原因は肋間神経の刺激ですが、その要因は色々あります。ストレスが原因で引き起こされるものや、病気として腫瘍血腫帯状疱疹ウイルスヘルニアなどもあります。脱臼骨折などの外傷が原因の場合も当然あります。
肋間神経痛の原因の多くは、筋肉の酷使や疲労、不自然な姿勢を長時間とったことで神経が筋肉と骨に挟まれたり締め付けられたりして、痛みが起こるというものです。

肋間神経痛の様々な原因について、それぞれ説明していきましょう。


⇒ ストレス

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ ヘルニア(椎間板ヘルニア)

⇒ 脱臼や骨折

⇒ 狭心症



ここでは肋間神経痛の治療と対策についてお話していきます。

肋間神経痛の症状が現れた場合、まず何科の病院へ行けば良いのかが困るところです。多くの方が、自分の肋間神経痛がどの要因から来ているものなのか分からないことでしょう。事故などの外傷後であれば、骨折の疑いを持って整形外科に迷わず向かうことが出来ますが、他に見当たらない場合は難しいです。外科的要素が考えられないと思うときは、内科がお勧めです。
一番のお勧めは、色々な科が集まっている大きな総合病院で検査を受けられるのがいいでしょう。同じ病院内であればレントゲンやカルテなどの情報を共有出来る上に、移動も待ち時間も短くて済むでしょう。

そして最後は肋間神経痛に効果のあるつぼをご紹介していきましょう。


⇒ 肋間神経痛の治療

⇒ 効果的なつぼ

sponsored link




日本神経学会
日本骨折治療学会
日本ヘルニア学会
肘痛マニュアル
肋骨のひび・骨折について
外反母趾のすべて
坐骨神経痛の症状と治療法
口や手のかぶれについて
気管支喘息ドットコム
腕の痛み.com


【肋間神経痛.com】TOP

copyright©2010  【肋間神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved