ここでは肋間神経痛の原因のひとつ、脱臼や骨折について説明していきます。

脱臼とは、関節を形成している骨と骨が正常な位置からズレてしまい、関節としての役割を失ってしまった状態のことを言います。骨の関節面がお互いに完全にズレた状態を完全脱臼、多少なりとも接触する部分が残っている状態を亜脱臼と言います。骨のズレによって肋間神経を圧迫することで肋間神経痛を引き起こす原因となります。


sponsored link




また、骨折はその名の通り骨が折れることを言います。しかし俗に言うヒビが入った状態というのも、実は亀裂骨折と言って骨が折れているのと同じことです。
折れた骨や骨片が肋間神経を圧迫刺激することで、肋間神経痛の原因となることもあります。

肋骨は体中のほかの骨と比べると非常に折れやすく弱い骨で、場合によっては折れていることに気付かずに居る場合もあるほどです。肋骨骨折は程度がひどい場合、中の内臓を傷付けてしまうことがあるので非常に危険です。
この場合は早急に手術が必要になるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 狭心症

⇒ ヘルニア(椎間板ヘルニア)

⇒ 肋間神経痛の治療

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。