ここでは肋間神経痛の原因である、帯状疱疹ウイルスについて詳しく説明していきましょう。

帯状疱疹ウイルスは脊髄神経節のウイルス感染症で、神経節の中に潜伏しています。疲労やストレスによる体力の低下が元で、全身の免疫力が低下すると増殖し、神経に沿って赤い発疹や水疱を引き起こします。ただし、肋間神経痛を起こしていても発疹や水泡が必ず出現するわけではないので、原因の特定が難しい場合もあります。


sponsored link




帯状疱疹ウイルスによる肋間神経痛の場合は、ウイルスに対する処置が必要となります。抗ウイルス剤の点滴や内服によって、ウイルスの活動を抑止することを治療とします。

またこの帯状疱疹ウイルスは、子供の頃によくかかる「水疱瘡」と同じウイルスです。水疱瘡は全身に症状が出る病気で、一度かかると免疫が出来るので以降はかかることはありませんが、ウイルス自体は体の中には残って潜んでいるのです。2回目以降発症するのは、前述の免疫力の低下などでウイルスが暴れ出し、神経に沿った場所でのみ発疹や水泡が現れたり、もしくは現れないということなのです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ ヘルニア(椎間板ヘルニア)

⇒ 腫瘍や血腫

⇒ 肋間神経痛の症状

⇒ 肋間神経痛の治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。