さて、ここでは肋間神経痛の症状について詳しく説明していきましょう。

肋間神経痛の症状は、「胸部片側の痛み」です。その原因によってあばら部分が痛くなったり、脇の下辺りが痛くなったり、背中が痛くなったりと場所は様々です。同じ原因でも人によって痛みの感じ方には個人差があります。


sponsored link




また、痛みの大きさが激しいものや鈍い感じのするものだったり、痛み方も急激に発生するものやズキズキと疼くものだったりと、それぞれ特徴があります。何日も継続する長期的なものもあれば、10分程度とで収まる短期的なものもあります。

また寝るときの体勢に困ることもあります。うつ伏せはもちろん仰向けになるのも無理な場合や、ひどい場合は横向きになって寝ることも駄目で、座った状態でしか休むことが出来ないこともあるようです。

肋間神経痛は、症状の出方によってある程度原因を特定することは可能ですが、やはり個人差が大きいのであてにはなりません。しっかりと原因を究明するためには、整形外科や内科などの専門的な医療機関において検査をしてもらうようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ ストレス

⇒ 肋骨と肋間神経について

⇒ 肋間神経痛の治療

⇒ 効果的なツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。