ここでは肋間神経痛の原因のひとつ、腫瘍や血腫について詳しく説明していきましょう。

肋間神経痛を誘発する原因として、腫瘍や血腫が挙げられます。
腫瘍は骨や筋肉に出来た腫瘍が、肋間神経を圧迫して神経痛を引き起こすというものです。血腫は内部で出血があった場合、いわゆる内出血が起こったときにその血液が固まってしまい、その塊が腫瘍の場合と同じく肋間神経を圧迫することで、神経痛を引き起こしてしまうものです。


sponsored link




腫瘍の場合、ポリープなど良性のものであれば摘出するだけで問題なく治療できますが、悪性のものの場合が深刻です。一般的に知られている「がん」のことです。

がんはよく知られている通り他の部分に転移する病気です。癌細胞は細胞分裂を繰り返し、自動的に拡大していきます。がんに侵された部分全てを切り取ってしまえば再発や転移の恐れは減りますが、少しでも残っていればまた拡大侵攻を進めてしまうのです。こうなると非常に危険なので、初見が大事となってくるのです。

このようにがんの症状として現れる肋間神経痛もあるため、診断は慎重に行うようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 帯状疱疹ウイルス

⇒ ストレス

⇒ 肋間神経痛の症状

⇒ 肋間神経痛の治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。