ここでは肋間神経痛の治療についてお話ししていきます。

肋間神経痛の治療は、まず原因をはっきりとさせることから始まります。体のどの部分の痛みにおいても言えることですが、原因が分からないことには対症治療が出来ませんし、違う原因に対して間違った治療を行うことは、場合によっては危険なことに繋がるからです。


sponsored link




ここで原因ごとの症状の特徴を説明していきます。自分の胸の痛みの特徴を照らし合わせてください。

@大きく息を吸う、深呼吸をすると痛みが発生する。痛み方が鋭い。
この場合は、肋骨骨折を疑って整形外科で診療を受けましょう。

A胸の痛みが長時間、長期間持続している。どちらかと言えば鈍痛。発疹が見られる。
この場合は、帯状疱疹ウイルスの疑いがあります。内科へ行きましょう。

B胸の痛みが激しく鋭い。短時間で消えてはまた起きるを繰り返す。
この場合は、狭心症の疑いが考えられます。この場合も内科へ行きましょう。

どんな病気でも言えることですが、早期発見早期治療は理想です。少しの痛みだからと言って我慢したり面倒くさがったりせず、たったひとつしかない自分のお体ですから、なるべく早く検査を受けるようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 効果的なツボ

⇒ ストレス

⇒ 肋間神経痛の症状

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
6kkan21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。